ピロートーク

やがて性愛

それそれならばまんまとかかって

君の名は。について今さら考えている。

 

入れ替わりとかの謎現象や「君」じゃなければならない理由が明らかになっていないところが面白かった。

入れ替わりについては「若い頃によくある現象」と言われただけだったし。従来の漫画とかだったら瀧君と三葉は前世で恋仲で将来の約束をしていたとかそういうつながりがあったから、現世で二人は出会い、運命を変えていく~みたいな話が多いのに、あの映画だと、瀧君の相手が三葉なのは唐突で、そんな二人が世界や運命を変えようと奮闘していた。
「入れ替わりってそういうもんよ」「出会いっていうのはそういうもん」という『そういうもん』という説得力の無さが説得力になるというのは、凄いと思う。それ以外の道筋が完璧だったのかもしれない。

 


「やっぱり入れ替わって相手のこと知るうちに、恋に落ちちゃうもんかな」と友人と話した結果「高校生ってのは、そんな感じで人を好きになっちゃうもんでしょ」という結論が出て、ここでも『そういうもん』か、と感じた。

すぐ人を好きになっちゃうわたしにしたら「そういうもん」と言われると、助かるような情けないような気持ちでいっぱいだ。
あつこが惚れっぽいのはそういうもんでしょ」「別に理由とか無いっしょ、マインドがティーンエイジャーだもんね」みたいな。

恥ずかしながら、年相応に生きてきたつもりではありますが、思春期のボーイズガールズの如くわたしは人を好きになっちゃうので、何も否定は出来ない。

 

 

前に数人でお酒を飲んでて、 わたしが歯の治療をしてる話になった。その時に、同席していた男の人が、歯の治療といえば、と「俺めちゃめちゃ歯並びいいんだよ」と口をイーーッとして歯並びを見せてくれた。歯並びは本当に良かったんだけれどわたしはクラクラした。あ、やばい、好きになっちゃう。

 

また別の場面では、裸眼だった人と二人で食事しながら話していた時「あ、ごめんちょっと」と席を立たれた。戻ってきた人にどうしたのか?と聞くと「コンタクト外してきた」と言われて、とてもキュンと来てしまった。どうしよう、好きになっちゃいそう。

 

わたしはそういった、人の、変な無防備さや考えなしの行動に、弱い。うちのめされる。君の名は。みたいに入れ替わっちゃったら大変だろうなすぐ好きになっちゃうだろうな、と今から心配なほど。そういう人が好きなのは、たぶんわたしの時頭と経歴がとてもお堅いからだろう。ふつうの高校を出て、ふつうの大学に入って、ふつうにお勤めをして。大きな揉め事も、目立った反抗期もなくふつうに成長して。我ながらつまらない人生過ぎて、時々嫌になる。ここいらでいっちょう、男の子と入れ替わりでもして運命を変えて、恋に落ちたいものだ。入れ替わりなんかしなくてもいつでも恋はできるけど。そういうもん?そういうもん。

 

<それならばまんまとかかってしまうのもわたしの仕掛けの戯ればむ罠だ>鈴木英子