読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピロートーク

やがて性愛

死にたる者を許しはしない

暴言

愛する人がゾンビになったらどうするか?
噛まれて一緒にゾンビとして生きるかそれと撃ち殺すか、で散々もめた。

「本当に愛しているなら噛まれるべきだろう」「いや、でも愛する人をそのままゾンビにしておくのは真実の愛では無いのでは…」と、散々もめた。
(結果的に話はとっ散らかって「旅行しようよ~~!島とか行きたい!」となった。)


中高生の頃はいなかったのに、大人になるうちに随分とゾンビが増えた。ガチゾンビではなくて、友達ゾンビ青春ゾンビ恋愛ゾンビといった亜種ゾンビ。

思春期や学生時代に出来なかったことと出来なかった自分が、過去の時代の中で死に、大人になって甦っているのだろう。そしてゾンビになり、彷徨っているのだろう。そして、もっと年を重ねるうちに、結婚ゾンビ出世ゾンビ老後ゾンビみたいなのが生まれてくるのだろう。

友達ゾンビになったからって他人に噛みつこうとしても、多分撃ち殺されるが関の山で、もし噛みつけても多分相手はゾンビにはならない。
「友達が欲しい」「青春を感じてみたい」「恋愛をしたい」といったゾンビ念は、亜種ゾンビ本人あるいは同じ考えを持つ別ゾンビにしか通じない。そういったこじらせを感じたことが無い人には、言葉を尽くして説明をしても、100%の理解はきっと難しいんだと思う。

ただなあ、愛する人が亜種ゾンビになってしまったら……

 

 

わたしは撃ち殺すかもしれない。
うるさーい!真実の愛も糞も無いわ!!!わたしゃ生きるぞ! とガレージにあったパパの猟銃を手に持つ気がする。ホームセンターには逃げない。
ゾンビになったならゾンビなりに楽しめばいい。“こじらせ”は要するに僻み根性だ。持ってしまう生まれてしまう感じてしまうのはしょうがないけれど、他人に噛みつかずに、ゾンビなりに楽しんで過ごしてよ。

わたしは「はだしのゲン」と「漂流教室」が大好きで、何が何でも生き延びてやる・ひどい環境になってしまったらその環境で最大限のことをしてそれなりに前向きに暮らしてやる、というメンタルで生きている。
ゾンビに噛まれてしまったら噛まれてしまったでそれなりにやっていける自信はあるけれど、わたしはできるだけ元気に健やかな視点で生きていきたい。

あと、いわゆる「オタク」の人もゾンビタイプが多いからな、わたしゃ好かんのだよね。リア充爆ぜろ、とか言っちゃあかんよ。「一般の人」と「オタクの私」みたいに自ら区別しているくせに僻んだり苦手意識持ったりするのはフェアじゃないよ、と思う。
(だって、オタクの人はオタクの人で楽しそうじゃん。噛むことないじゃん)


今考えるとわたしの元恋人や疎遠になってしまった友人にはゾンビタイプが多かったように思う。だから疎遠になってしまったのだろう。ただ、元恋人のB君、あんただけは許さん。墓に眠れ。終わり。

 

<死にたる者を許しはしない誰よりもどの死者よりも濃くまといくる>鈴木英子