読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピロートーク

やがて性愛

さわっちゃいけない

職場の近くに、某大学の附属男子校があるため帰る際に電車で時々居合わせてしまう。よく見る3人組がいる。多分中学の1~2年生ぐらい。詰襟に坊主頭、エナメルバッグを肩に掛けて仲良さげにスマホゲームに興じたり、じゃれ合っている。

 

中学や高校を卒業して何年も経ったというのにこうやって男子を間近に見る日が来るなんてなあ、と思う。当時よりずっと近くに、冷静な目で見る事が出来ている。当時は自分や自分の友だちのことでいっぱいいっぱいで、素直な目で男子を見るなんてできなかった。

 

ただ、その3人組の一人にわたしは問題意識を感じる。

何が問題って、もう本当に末恐ろしいほど美少年なのだ。

長いまつ毛にパッチリとした瞳、筋の通った鼻、輪郭はおだやかな卵形。色白ですらっとした体格をしている。初めて見た時に、本当に驚いた。

 

 

 

性犯罪の加害者には「あっちから誘ってきたんだ」と言う人もいるらしい。

もしかしたら本当にあっちから誘ってきて美人局状態になっているのかもしれないけれど、ほとんどは戯言だろう。被害者は、誘いなんかしない。お前が勝手に何かを受信した気でいるだけだ。

 

Twitterとかで絵の上手な皆さんが

「電車で見た可愛いJK」や「BLっぽい雰囲気のイケメンサラリーマンのやりとり」をイラストや漫画に仕立て上げているのを度々見かける。中には和むものもあるけれど、わたしはあれらに抵抗がある。

行きずりの他人に自分の性欲(あるいはそれに似た感覚)を向けたり、自分にとって都合の良いストーリーを当てはめて萌えるやりとりにオナニー臭さを感じる。レイプみがある。

だからわたしはそういった言動から自分を遠ざけてきた。自分はやりたくないしやらない、というスタンスを守ろうとしてきた。

 

わたし、年下好みじゃないしBLも興味無いけれど、この子達、もしかしたらそういった一部の趣味人から見たら格好の餌食になってるんではないだろうか。本当に心配している。じゃれ合っている姿を、誰かに「今日電車で見たカワイイ中学生たち」みたいにTwitterで晒されていたらと思うと気が気ではない。自分の性欲を、一般化させて都合良く描いて見せつけるのは、相手の性を侵しているのと同じことだと思う。良くない。それはとても嫌だ。

前述したようにわたしは見ず知らずの他人に対して性欲は湧かないし「湧いてはいけないもの(仮に湧いたとしても言葉にしてはならない)」だと思っているので、彼ら3人には素直に平等に彼らの将来に対して最大限の幸福と希望を祈っている。

でも、きっと性欲に繋げる人も中にはいて、それが高じると「あっちから誘ってきたんだ」と言うのだろうと思うと、胸が痛い。レイプまではいかなくても、レイプみがある。

 

少年少女たちよ、君たちは確かに綺麗だ。でも綺麗だから好き、だなんてわたしは言ってやらない。汚くったって駄目だって構わないし、どんな君たちでも未来と安全を保障してあげられるような大人になれるよう、わたしも頑張るから、だから、ためらわずに大人になってほしい。

 

<変声期の男の子の声とげとげの芽を吹くようなりさわっちゃいけない>鈴木英子