読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピロートーク

やがて性愛

放火魔はぼくかも知れず

食券制のお店で食事をすると、とてもとても安心して食べられる。
お財布にお金がいくら入っていようが、「今日はおごるよ」と事前に言われていようが、激安チェーンの食堂で食べていようが、食後にお会計をするシステムというだけでどこか緊張する。
これにはれっきとした理由があるのだけれどそれは後半で説明しようと思う。

 

その話は置いておいて、

近頃埼玉県で行方不明になっていた少女が2年ぶりとかに見つかったと聞いてわたしは胸をなでおろした。ニュースで犯人の男はアニメファンらしい、という説明を聴いた。
アニメファンが犯罪予備軍だと言いたげな報道は、アニメファン人口のほとんどを占める善良なアニメファンに対して失礼である。Twitterとか案の定荒れていたけれど。まあそりゃあそうか。


アニメが人をおかしくするのではなくて、アニメを楽しむしかないような環境が人を犯罪に走らせるんだろうとわたしは考える。
でも、犯罪をするような心の闇を抱えてる人に何もダメージを与えないでくれる娯楽って今時アニメぐらいしか無いんじゃないだろうか?
人見知りでコミュニケーションをとることが苦手だったり、他人に干渉されずに何かすることに楽しみを感じる人にとって都合の良い・適した趣味って、最終的にはアニメか読書か映画のいずれかになりそうな感じする。だからどうって話ではないけれど。(ついでにわたしの趣味は読書です)閑話休題。

 


わたしがいくらそう思ったとしても、報道的には
アニメ等で少女に興味を持ったオタク男の犯行、みたいなシンプルな構図になるだろうし、ネットの人たちから言わせると「普通のアニメファンと犯罪者を同一視するな」「アニメに影響を受けて犯罪するやつなんて元から犯罪予備軍だ」みたいな感じなんだろう。言いたいことは分かる。まあ分かる。


チビッ子だった頃、わたしもたくさんアニメを見た。
世代的に言うと、
セーラームーン、ドラえもん、おジャ魔女どれみ、明日のナーシャ、デジモンアドベンチャー、クレヨンしんちゃん、ちびまる子ちゃん、ワンピース、こち亀やGTO。
別に好きだったわけではないけれど、他に見るものが無いし親に「アニメやっているよ」と勧められるからぼんやりと見ていたに過ぎない。
でも、わたしにも本当にはまったアニメが、人生の中で3つある。


一つめは、「妖怪ウォッチ」
現在進行形ではまっていて、毎週録画して見ている。劇場版も見に行ってパンフレットも買ってしまった。

二つめは、「ハローキティ」
具体的に言うとこのURLにある「ハローキティのまほうのリンゴ」という話。
何十回もビデオを借りて見て、未だに思い出すほど面白かった。調べてみたら見つかって感動した。下記URL参照。
http://free.sanriobb.com/free/movie/screen2/screen2_2.html

三つめは、「アンパンマン」
現在進行形でアニメを見ている。もう好き過ぎて苦しい。群を抜いて大好きで、比喩が何かとアンパンマン関連になることもある程だ。アンパンマンの強さ優しさにあこがれるあまりに、以前の日記でその思いをちらっと書いてしまった。下記URL参照。

atsukohaaaan.hatenablog.com

 


問題は、アンパンマンにある。
アンパンマンはパトロールをしながらお腹のすいたひとを探し自分の顔を分け与える。ジャムおじさんやバタ子さんはパンを、他のキャラクターもめいめいの食べ物や品物を町の人にふるまう。アンパンマンワールドでは金銭の授受のシーンが見られない。
おなかがすいた人には食べ物をあげる。それを受け取った人は、自分ができる方法で町の人にお返しをする。(芸を見せたり、何か物をあげたり)
そういった優しさが資本となって動いているワールドにどっぷり浸かって20年弱生きてしまったわたしには、食事や物にお金を払うという「対価」が芯から身についていない。


食券制の店は素晴らしい。
なんてったって先にお金を払うから、自分に食い逃げする機会を与えないでいてくれる。
アンパンマンワールドマインドを持つわたしは、食後支払いタイプのお店で食事をすると「お腹いっぱいになった!この喜びをわたしも別のところで誰かにお返しすることにしよう!」とお金を支払わずに帰りそうになる。実際にしたら食い逃げであるということをさすがに理解しているので、「ジャムおじさんやバタ子さんにお金を払うなんておかしくない…?」と何とも釈然としない気持ちでお金を支払っている。

わたしの喜びは、ジャムおじさんやバタ子さんの喜びで、この喜びをシェアすることが対価なのではないの???思うがどうやらそうではないらしい。人間だけの世は世知辛い。アンパンマンワールドへ行きたい。そこでどんな対価払えるか今は思い浮かばないけれど、毎朝のゴミだしぐらいなら手伝えるだろう。

 

 

自分がいつか食い逃げする気がしてならない。

もししてしまったらそれは100%自分の責任だけれど、元をたどればアニメ(アンパンマン)の影響になる。わたしが食い逃げで捕まったら、ニュースで「犯人はアニメの影響で無銭飲食に罪の意識を感じなかった」とか言われるのだろう。

ああ  アニメの影響で犯罪は起こりうる。

ぎりぎりのラインで踏みとどまっているから、今のところアンパンマンにもアニメファンの方々にも迷惑をかけずに済んでいるけれど、もしもの際はごめんなさい。アニメは時には人を犯罪へ導くこともあるという証拠として生きて罪を償います。

 

<放火魔はぼくかも知れず「ねえ、鏡」>なかはられいこ