読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピロートーク

やがて性愛

攫はれゆきたし

カリスマ性のある俺様少年と普通のワタシ。少女漫画によく見られる組み合わせだ。彼女の通う学校には、どういったわけか絶対的な支配力を持った生徒会があったり、圧倒的なカリスマ性を持つために奔放な言動を許される少年、アイドル活動をしながらも普通の授業に参加している少年がいる。わたしが「ちゃお」や「りぼん」を読んでいたときは気にならなかったけれど、今考えると、やっぱり変だ。(ていうかあいつら普通の男友達いるのかな???結構心配)

 

“普通のワタシ”は、そんな彼と最終的には二人は両想いとして結ばれるんだけれど、どういったわけか最初のステップとしてその少年に目をつけられる。目のつけられ方は良かれ悪かれ、そこから物語はスタートする。

 

先日、本屋で最新の少女漫画のお試し版があったので手にとって読んでみたら、やはりそういった内容だった。

手に取った漫画では、やっぱりカリスマ性のある俺様少年が、普通のワタシに目をつけ「俺の言うことを聞け」と無理やりキスされていた。

わたしが夢中になって読んでいた10年前と内容ちっとも変ってない!!!情けないやら恥ずかしいやらいろいろツッコみたいことはあるけれど、時代は変わっても少女達は何一つ変わらないということを思い知った。

 

 少年経験の無いわたしが推測するのもおかしな話だが、「俺の言うことを聞け」と壁ドン顎クイしてもせいぜいキスどまりなのは、彼らなりの読者の少女への配慮だろう。求めるのはセックスであってはいけない。少年たちは自身の性欲をセックスという行為に向けない。ここで求めるのはキスまでにしておこうという自制心がある。相手役の“普通のワタシ”である主人公と、読者の少女たちのために。そこでハッキリするのは、漫画含めた中で、その世界の主人公は、読者の少女達であることがわかる。

 

 漫画の中で、少年たちはいくら奔放で俺様な言動が許されようとも、読者の少女達を傷つけるようなまねだけは絶対にしない。当に「せいぜいキス」の世界。最終回かその前の回あたりで起こるセックスシーンは繋ぎに過ぎなくて、読者のために迎えるハッピーエンドへ通過儀礼なのだ。

 

 少女たちは、なぜ「俺様」や「圧倒的な力を持つ」彼らに魅かれるのだろうか。それは、きっと理由が欲しいのだとわたしは思う。少女たちは自分の持つ欲求をオープンにすることをためらう。だから、自分を解放させてくれる、言い訳を与えてくれる彼達が好都合なのだ。

 こんな普通の「ワタシ」なんかじゃ逃れることのできないような大きな物語に少女は包まれたいのだと思う。

 自分自身を振り返ってみると、たしかにわたしにも同じような気持ちがあったし、正直なところ今でも残っている。わたしを変えてくれる誰か、別の世界に連れて行ってくれる誰か。そんな素敵な男の子がいるんじゃないかって夢を見てしまう。

 まさか23歳にもなって、圧倒的な生徒会を前にしてもひれ伏したりはしないだろうけれど。ごく具体的に例えるならば、二人で楽しく酔い、別れようとしたらタクシーに乗せられて一晩過ごすような箇所に連れていかれるとか、「こっち」と手を引っぱられて人目のつかない場所でキスされるとか。

わたしなんかの手には負えないような、偉大な物語を見せてくれるそんな彼らに、自分の人生や心といったものを預けたくなるときが、大人になった今でもある。わたしは“ワタシ”だから。つまらなくてちっぽけで普通で何の才能もないって分かってるから、せめて物語の中でくらい夢を見させてほしい。

そして、少女だったわたしは、今あの頃の未来をこうやって生きている。だからこそ、「今」というあの頃の未来に通じるような、言い訳を、今でも求めているのだ。

 

〈ガソリンの匂ひ車内にふと流れ攫はれゆきたし雪の果てまで〉栗木京子