読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピロートーク

やがて性愛

血のうすさなど誇りいたりき

日常

血液型占いをあまりあてにしてはいけない。

A型でもずぼらなやつはいるし、B型でも他人に気をつかってばかりで損してるやつもいる。AB型なのにテンプレートな対応しかできないやつもいた。
わたしはというとО型で、まあ占いは当てはまったり当てはまらなかったり。

ただ、占いは楽しい。
正確に言うと、占いが楽しいというよりも当てはめて考えることは凄く楽しい。


例えば自分はA型との相性がいい、とかB型とはしょっちゅう喧嘩になってしまうとか、好きになってしまうのはいつもO型とか、AB型とはビジネスの関係が向いている、とか。自分の都合とこれまでの経験から法則性を見つけるのはとても楽しい。
みんなもそうでしょう?と聞きたくもなるけれど、まあそんなことはいいよ。NEVER MIND,

要するに型にはまるのは楽しいんだよ。占い雑誌や血液型読本を読んで、自然と書かれているようにふるまってしまったり、違うこんなはずはないと抵抗したくなるのが面白いんだよ。

 

中学生あたりの頃、血液型の本が流行った。ホニャララ型の説明書、みたいなやつ。
もちろんわたしも読んだ。友達が持ってきたのを借りたのか立ち読みしたのかまでは記憶にないけれど。内容なんてほとんど忘れてしまったけれど、一つだけ覚えてることがある。

 


「O型はケガの自慢をする」

 


これには、ウウウッとなった。確かに、確かにする。
「ここ猫に引っかかれたの」と脚を、「昔柱にぶつけて何針縫ったの」とおでこを、「仕事中紙で切っちゃった」と指を見せる。
しまいには「超痛い」と口内炎まで見せる始末だ。
否定できない。こればかりは。

 


たしかに、確かにわたしが(O型が?)悪いよ。それは認めるよ。
でも、わたしは好きなんだよ、と声をあげたい。

厨二病的な感じで語りたいんじゃなくて、ただ単に自分にも過去やあなたがいないでも暮らしている日常生活があるんですよ、という気持ちで話したくなる。自慢したくなる。
あなたに会っているときだけがわたしの生活じゃないのよ。家で家族と話したり、職場で嫌な思いしたり頑張ったりしている、のよ。

だから、逆に好きな人の傷の話も聞きたい。
子どもの頃に喧嘩して出来たものとか、自転車に乗っていて転んでできたものとか、部活動でこさえたものとか。なんでも好きだしなんでも教えてほしい。
わたしと会う前にどんな生活をしていたのか、わたしが居ないところでどんな生活をしているのか。聞かせてほしい。

だってそれってわたしがいなくても、生活できるっていうことでしょう。素晴らしいじゃない。
「君がいなきゃダメなんだ」というようなへたれたやつは、お断りだよ。
「君と出会ってから世界が変わって見えるよ」ぐらい言ってよ。

 


心のトラウマを見境なく話すんだったらそりゃあ重いかもだけれど、体の傷ぐらい、好きなだけ語らせて。お願い。

 

でもときどきは聞きながら「ふーん」ってテキトーに扱ってしまうかもだけれど、そこはO型だもん、許してね。